親ココロ〜腹壁破裂で産まれたADHD息子

アクセスカウンタ

zoom RSS 空気読めないADHD子とどう付き合うか?

<<   作成日時 : 2017/12/04 12:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長いタイトルになりましたが、そのまま。

この週末、リクはケーちゃん(旦那様)とサッカー観戦に出かけました。
私が自分の趣味(吹奏楽)で1日つぶれてしまうので、ケーちゃんがごひいきのサッカーチームの大一番のゲームを応援に行くと連れて行ってくれました。

結果は・・・
残念ながら、負け等しい引き分け

勝たないと意味のないゲームだったので、引き分けは負けと一緒。
相手チームは引き分けでよいので、大喜び。

ケーちゃんはしばらく打ちひしがれていたそうです。
が。ここでリクが

まだ盛り上がるスタジアム。
勝てなかったけど・・・
選手が応援席にご挨拶に来るし、少し余韻にひたりたいケーちゃんの横で

「早く帰ろう」

と言ったそうです。
当然、逆鱗に触れました。

「まだ選手が挨拶にも来てなくて、周りも誰も帰ってなかったのに!本当に空気読めないな」
とケーちゃんは怒り心頭でしたが。

申しわけない。
それがリクだと思ってしまう私は、笑ってしまったよ。
もちろん、自分がやられたら同じように怒ると思いますけどね〜。

空気よめないし、読もうという考えもないし。
そもそも人の気持ちと自分の気持ちが違う、てことすら理解できてないですからね。
「サッカー終わった!帰ろう」て感じだったのだと思います。

ただ、前後半45分のサッカーの中で、一度も「まだ?」とか「帰ろう」と言わなかったそうです。
ここは「褒めてあげて」と言っておきましたけど。
多分、退屈だったところもあるんじゃないかな?サッカー自体さほど興味ないし、分からないチームのゲームだし。
そこで「まだ?」とか言わなかったのは、一応リク、我慢したはずです。

ケーちゃんもここは理解していたみたいですが、やはり自分のごひいきチームが負けてしまったわけですから。
機嫌も悪くなるし、空気読めないのがどうしても許容できなかったようです。
うん、ここは自分の「気分の揺らぎ」があるから難しいところですね。
たぶん、私でも同じ立場だったらリクにやさしく諭すことは出来なかったと思います。

ちなみに「思いやり」がないわけではないです。誤解されやすいのですが。
人を思ったり、いたわったりする気持ちはあります。ただ、人と自分が違うということを説明しないと理解できないので「さっして声をかける」とか「いわれる前に手を差し伸べる」とかはできません。

そして。
帰ってきたら、私にマシンガントーク。
テレビ見ててもマシンガントーク。
思わず「うるさい!」
と言ってしまいました。

たくさん報告したいことがあって、たくさんしゃべりたいのはわかりますが、昨夜は私もだいぶ疲れてたし、頭痛もひどかったので優しくできなかった・・・

こういうところの空気を読んでほしいけど、無理だろうな〜。

でも「静かにして」と言われたら、少しは静かにしててほしいです。これすらできないこともある。

ADHDの多動っこて難しい・・・
制御できない・・・


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空気読めないADHD子とどう付き合うか? 親ココロ〜腹壁破裂で産まれたADHD息子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる