ことばの教室

リクは9月から「ことばの教室」に通っています。
きっかけは「サ行」の発音が不明瞭だったため。サ行が発音できずタ行になってしまっていました。

発音の練習を何度はして、今はほぼカンペキ。ですが。
まだ言葉の教室に通い続けています。
最初は発音の問題だったことばの教室ですが、最終的には「コミュニケーション能力が不十分」という理由に変化してます・・・

先生いわく「人に自分の感情を伝えるのが下手。言いたいことを我慢しているし、人の話を集中して聞けず、指示が通らず損をしている」だそうです。
最初は「そうなんだ~」て思ってみてましたが、最近は
「そんな何でも出来る完璧な6歳児っているの?」て思うようになり・・・

だって、人間関係考えて誰とでも上手に出来る子供なんて、恐くないですか?
先生や親のいうことを一度でいつも聞けて、行動できる子供っているの?

そんなわけで、ことばでも人間関係でも、一度教室に通い始めてしまうと、小さなことでも何かと心配され、終わらない。
「特別な指導が必要な子供」と認識されてしまうということを悟りました。
ことばの教室どころか、通級指導教室まで勧められる始末。
これって申し込むのにも、医者の診断書がいるんです・・・
診断書って・・・病気ではないし。

だってリク・・
保育園でも別に普通ですよ!
孤立してるわけでもないし、送迎のときに様子をみてもいつも楽しそうにお友達と遊んでいます。
朝も「あ~、リクが来たぁ!」て嬉しそうに迎えに来てくれるお友達がいて、リクも私とバイバイすると振り返らずに保育室に入っていってしまいます。
家でもお友達のお話もたくさんしてくれるし。

どこが特別なのか、サッパリわからない・・・・

最初は色々指摘されて悩みましたが、最近は聞き流してます(笑)
そして、1年生になってからもことばの教室、または通級指導教室の申し込みを進められましたが。
私は仕事をしてるので、送迎も大変だし、本人に異常があるとは思えないし、意味はないと思ってお断りしました。
「任意観察でいいです」て言って来ました。つまり親が責任持って様子をみる=何もしないってことです。

客観的にみてもリクは大丈夫。
私の両親も「リクはちゃんと小学校でも普通にやっていけるよ」て言われ、特別な教室に通うことには反対してます。

リクなら大丈夫。
6年みてきた母がそう思うし、保育園でも特別何が言われたことはありません。
むしろリクと同じクラスの子のお母さんに「なんでことばの教室通ってるの?」と聞かれ理由を話すと「リク君、いいこなのに。どこに問題があるのかわからない。リク君が問題ありならうちの子も問題だよ」て言われましたし。

母は信じてます。
闇雲にではなく、リクの今の能力からして特別に何かする必要はないと感じてます。
ちゃんと1年生になれるよ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2012年02月05日 03:15
りくくん、もう小学生ですか?あっという間ですね。
入学準備大変ですね。頑張ってください。
ウチのりくも、4月からもー中(中学生)です。
2012年04月03日 09:17
リクパパさん、ありがとうございます。
すっかり遅くなってしまってごめんなさい。
色々忙しく更新出来ませんでした。
また再開したいと思ってます。

この記事へのトラックバック