将来何になるの?

リクのなりたい職業は、最近までずっと
「水族館の飼育員」だった。
だから海洋学部に行きたがったし、将来はペンギンの飼育員になりたいらしい。

でも、先日学校に行ったら、自分の将来の姿を紙粘土で作った作品があって、リクのは
「アニメを作るぼく」
パレットとか持って、絵を描いていた。
アニメ大好きなので。でも、絵は下手で手先は超絶不器用だけど。

最近になって、リクに「将来何になりたい?」て聞いたら帰ってきた答えは

「うーん、動物園の飼育員か音楽家」

また両極端なやつが来た!

動物園の飼育員は、水族館の延長で「けものフレンズ」の影響だな。
最近、ジャパリパークに行ったまま帰ってきません・・・

音楽は「歌手になりたいの?シンガーソングライターになりたいの?」て聞いたら

「歌うというより、作曲?とか歌詞を書いたり。人を感動させたり楽しませたい」
だそうで。あー、源さんのライブに連れてっていたく感動してたからな~。

ここまでで、母の私からのアドバイスは・・・

「いろんなものを見たり聞いたり経験したりしたほうがいいよ。あとは、たくさん音楽を聴くことだね」


普通なら、音楽で食べていくことなんて絶対無理。私もそう思ってる。
とっとと諦めろ。ていうよね~

子供には、堅実な道を歩かせたいっていうのはサラリーマン家庭では当たり前のこと。
でも私は・・・

『どう頑張ってもリクはサラリーマンにはなれそうもない』

と最近、ひしひしと感じてるので、あえて否定しない言葉を掛けました。
だって

超変わってるもん。

そして。
「人生、無駄だと思っていたことが案外その後の人生で重要になったりする」ということを感じ始めたので。
あえて、無駄=この場合音楽家を目指すこと。をしてみてもいいのではないかと。

親が元気で働いているうちは、自由にさせてもいいのかな?
私自身、もうちょっと無駄なことを頑張ってみたかったというのもアリ。

もちろん、本当は堅実に手に職を持ってほしいですよ。
でも、こつこつとか人と同じとか無理なんだもん・・・・

まだ小学生なので、あえてゆるい言葉を掛けました。

夢と現実、出来ることとやれることは違うと言うことも分からないし。
人生、少しだけなら寄り道もアリ。というゆるい母です。

今のところ、あんまり心に響いてないようなのでたぶん影響はないと思いますが・・・
ADHDの子供だから、親がどーんと構えてないと務まらないというのは、実感してます。
いつもひやひやしてたら気がもたないよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック