支援が必要なのはどこ?

公立中学に進学が決まり、本格的にリクのADHDの支援というか理解をしてもらわないといけなくなった。
正直、気が進まないけど、これをしないと学校に行けなくなる可能性が高くなるんだから仕方ない。

小学校の先生に連絡帳で「リクの状態について中学校に連絡をしっかりしておいてほしい」というのと「できれば中学校の先生とも直接話がしたい」と要望しておきました。

連絡。に関しては。
9年間使用する発達障害の子供のための、専用の記入シートがありまして、これを中学に渡してしっかりと話もしてきてくれる、とのこと。
直接話に関しては、今度先生方の報告会があるのでその際にお願いしておきますから、また連絡します。でした。

でも・・・
正直、支援ということは望めないかな?と思ってます。
発達支援の知識のある先生なんてほとんどいないし、多分リクほど重い子供が中学の普通クラスにはあまりいない。
学力レベルで測ると支援級には行けない子です。
でも、日常生活でも困ること・出来ないことが多いです。

なので、リクに今の生活のことを聞いて、1つだけどーしてもの要望をすることにしました。

それは

「現在、リクは小学校で自分の感情がコントロールできないとき、困ったときは『通級指導教室』にいって、気持ちを落ち着かせているそうです。中学でも是非とも、リクの「逃げ場・落ち着ける場所」と作ってあげてほしい」

です。

ほぼ毎日のように通級教室には行っているみたいで、毎日楽しそうに「通級で○○をやった。○○の話をした」と報告してきます。
こういう場所があれば、中学もなんとかやっていけるのではないか?と私は思っているのです。

逆にこれがなかったら、今でも学校に行っていないかも?
そのくらい心のよりどころになってるみたいです。

是非、これだけは支援をお願いしたいと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック