宿題やらないと部活も出来ない

リクは、中学に入学して宿題の量と出方に戸惑っているようです。

基本的に、週1回の提出。これにまずなじめない。
前日に取り掛かって、間に合うと思っている

そんな教科が2つも3つもあったら、宿題なんて提出できるわけがない。
そのために
「提出日に出来ていないと、居残りして完了させる」ということをやらされるはめになり、これをよりによって部活の時間にやらされることになる。
=大好きな部活にいけなくなり、練習も出来ず部活も遅れていく。
人より遅れてしまい部活に行くのがいやになる。
ということでは、困るので、リクと話し合い宿題のプランを立てました。

毎日やるものが2つ。漢字書き取りと計算。毎日やらないと間に合いません!
そして週末提出。
英語の授業がある日の前日には加えて英語のワーク。毎回宿題で毎授業ごとに提出なので。

これに臨時の宿題も出た時にはやって、こなせないと部活まできっちり学校生活ができません!
私、中学の時こんなに大変だったっけ?覚えてないけど・・・

毎日、1教科の勉強のみだったリクにしてみると、ものすごく大変だと思います。
さらに、これに週末は「塾の宿題」が加わるわけなので。

私はリクは書き取りが極端に苦手だから英語と漢字両方が無理ではないかと思い、リクに
「先生に『頑張るけどできません。』て言ってみたら?」と言ったのですが

「できるよ!出来ないなんて言えないよ!みんなと同じに出来ないと1組(支援クラス)になっちゃう。1組にはすごい苦手な子がいるんだよ。今のままがいいからがんばる」

だそうです。
支援クラスに偏見があるわけではなく合わない子がいるですからね、念のため。
そしてやはり部活はやめたくないし、行きたいようでそのためにも宿題を頑張ると言ってます。

それなら塾をやめれば?という私の意見も却下。
それより「塾の自習室に行こうかな?落ち着いて宿題出来るし。だから塾はやめない」だそうです。

もう何もいうことはありません。
あとは、宿題をきちっとやるように声をかけて確認するだけです、母は。

塾の自習室。小学校の時は嫌いで「絶対に行かない。行くくらいなら家でやる」といっていたのに自分から行くというなんて驚きです。
宿題が出来ない危機感が強いのか、部活に参加したい気持ちが強いのか・・・部活だな

でも計画たててもすぐに忘れるから、毎日の宿題を紙に書いて机に張っておきましょうかね。
大変だと思うけど・・
きっと未来には『頑張ってきてよかった』て思える日がきますよ。


にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック