学校から急遽面談のお願い

先週のことです。
仕事をしていると私のスマホに学校から着信がありました。
あとで気づいて、折り返して・・・。
誰か全くわからなかったので、またかけてもらうようにお願いしました。

電話は、リクの学年主任の先生からで
「先日、担任とリク君と教育面談をやってもらいました。一学期のリク君の様子をみたので、それらをふまえてこれからの支援の話をしたい。私(学年主任)と支援についてる先生と担任とでお待ちしてます」
と言われました。

「急で申しわけないけれど、7月中に面談したいので30日・31日どちらか、夕方でもよいので来られませんか?」

ちなみにこの日は27日。
なんでこんなに急なの?

しかも私の仕事は、経理で支払担当。
月末は支払ラッシュで色々大変なんです~。小さい会社だし。
でもしょうがないので、リクの習い事のない31日に仕事終わってから伺います、と言いました。

はあ・・。
前回の面談もすごい時間かかって大変だったのに、今回は人数も増えてもっと大変そうだ。
リク本人も連れて行くか聞くの忘れた。あとで電話しておこう。

ADHDとかASDの子供って、教育していく上で手間もすごくかかります。
そしてお金も。
せめてもっと余裕のある家に生まれてほしかったな・・て私が稼げないのが悪いんだろうけど。

リクにこの面談の話をしたら

「1組に行くのだけは絶対イヤだからね!」

だそうで。1組は支援級です。
どうしても合わない子が1組にいるそうで。
あとは、出来ないけど、みんなと一緒がやっぱりいいそうです。

・・心配しなくても発達検査では「全く問題なし」の数値をたたき出してるから、行きたくても支援級には行けません。
数値で判断する自治体なので。

知能が低くないっていうのも、全く支援がないから切ないんだけどね。
学び方が人と違うし集中力とやる気が皆無なので、勉強は出来ないし。

とりあえず行ってきます。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック