こども発達支援センターから電話・・

先月くらいに市の「こども発達支援センター」にリクの荒ぶる態度と五月雨登校について、相談に行きました。
そしてそのあと今月に1度、ものすごーく悪化して私とも口をきけずという状態になった時に電話で相談していました。

その後は、学校でも「別室登校」になりクラスでの集団生活がなくなり、徐々に登校日数が増え遅刻が減り・・
とだいぶ落ち着きました。
相談することがないので、何もしていなかったのです。

そしたら。
先日こども発達支援センターの支援員さん(我が家担当Fさん)から、昼休みに電話が来ました。

「その後、リク君どうですか?先日の電話の時は相当状態が悪かったのでとても心配しています。」という電話でした。
たしかに・・。
あの時は、私も荒ぶるリクに話も出来ず、何かしようとしてもすべて反抗され最悪の状態でした。
そりゃ心配もするわ。

「あのあとすぐに、学校の方から別室登校で落ち着いた環境で登校を促す。ということを提案されて実践しています。落ち着いて学校に行けていますよ。毎日ではないですが」
と言ったら、とっても安心した様子で

「良かったです。状況が悪かったものですからその後を心配していました。学校も迅速に対応してくれたんですね」
私も
「別室で勉強も出来ているようです。たまりにたまったプリントやテキストをやっていて、1人支援の先生がついてくれて質問もできるし、お気に入りの先生なので学校に行ける日も増えました」
と言ったら。
とても喜んでました。

そうなの!
学校に行けて、家で暴れなければそれでよし!
なの。
今のところ。

そして学校で気持ちが乱れなければ、家では暴れないので「学校の環境が整う」ことがとても大事なのです。リクの場合。
だから学校に行けるようになったことは、とてもいい変化なのです。

もちろん、この環境がずっと続くわけではありません。
とりあえず3月。今学年まで。
来年度からは、支援級で普通に?やっていくことになります。

でも大人数でないからきっと大丈夫。
環境の変化に弱いけど、周りの子供もみんなそういう子供だから。

F先生も非常に心配していた様子だったので、学校に行けるようになり落ち着いてる。と言ったら返答の声が弾んでいました(笑)
そうだよね~
大変だったもんね・・・
このまま引きこもってしまうのではないか・・
自傷行為に走るのではないか・・・と心配されていました。
ここにきての改善、は本当に良かったです。

母としては「勉強」も気になりますが。
今は、ひとまず置いておいて。
4月からの新生活で悪化しないように、サポートしていくのみです。
毎日学校に行けるように頑張ろう!
焦りたくなるけど、のんびりスローステップで。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック