「もういいよ」て言わないように

リクの学校は、今週から3年生が修学旅行にいくので、2年生は職場体験。
だけど・・

行けそうもない。

のに、自分のことは理解できないリクは「行きたいし行かないと」て言ってますが・・・
朝、起きないことには何もできないんだから。

職場体験のこともあるので、月曜に登校すると言っていて・・
朝、起こしてごはんくれて、きちんと
「遅刻で連絡しておくから学校行くだけ行ってね」て言って、家を出てきたけど。
行ってないし。

2度寝しているし。

夜勤から帰ってきたケーちゃん(旦那)に起こされて、11時過ぎに泣きそうな声で
「寝ちゃった、ごめん。どうすればいい?」て電話してきました。

「学校行くんだよね?」
「うん」

「なら行けばいいじゃん」
「・・うん」

ちなみにこの日は午前中授業で、給食後下校=授業もう終わってる。
行く意味はないけど。

今日は前から「学校に行く」と決めていたし、だから朝起こして起きたし。
職場体験の参加の有無を伝える約束も先生としていた。

なによりここで「行かなくていいよ」て言ったら有言不実行が曲がりとおる結果になり、今日以降も大幅に寝過ごせば行かなくていい。とインプットされてしまう。

たぶん、行かなくていい。て言ってほしかったんだろうけど。
やはり努力というか、約束を簡単に破ってしまうのはいけない。
そう思って、あえて登校を促しました。

結果、登校したようです。

ほっとしました。
行けるときはどんなに短い時間でも、登校したという事実が大事。
これで登校のハードルが少し下がってくれるといいんだけど・・・。

親の方から、ラクできるほうを選ばせてはいけないですよね。
出来ないことをやらせるのもダメだから、見極め難しいですけど。

これで褒める要素が出来ました。てやっぱりハードル低い!
でも、登校したから頑張ったんだよね・・・
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック