三者面談は二者面談へ もうすぐ夏休み

昨日の続き。

発達支援センターへは、終わった後で学校の教育面談=三者面談があることをリクに言ってあったので、制服で来てました。
学校へは学校指定の服装でないと基本的に入れないのでね。

私は
「今日の三者面談はダメかもしれない」と思っていました。
だって。

不登校でADHDの子て、非常に世間体を気にする子が多い。
さらに、自分の出来ないことを認めず、逆切れ傾向にある。
ので。

三者面談は、放課後の時間ですがこの日、学校に行っていないとなると、夕方でも嫌がるだろうな~と予想してました←不登校で気まずい&そんな自分を認められない。
発達支援センターは大好きだから疲れるだろうし。

そしたらやはり、発達支援センターに居るときから面談を嫌がる。
でも、面談の時間に遅れないかは気になる(笑)不思議な人だ。

前回、三者面談で面談だけ行ったときはすごっく機嫌悪く私と先生の話を妨害することしかしなかった。
教室に行くまで、ごねて何分もかかり教室にいったら私に暴力・モノにもあたるでマトモな話が出来なかった。

なので今回は
「しんどくてイヤなら面談来なくていいよ。」て言いました。
リクは
「でも、行かないといけないよね・・。」と義務に駆られていたので(根はマジメ)
「前みたいに、学校がイヤだからって教室に行けなかったり、行っても私と先生の話の邪魔をしたり暴れたりするなら、来なくていいよ。先生と話をするために行くのだから。」
と言ったら

「行くのやめる」だそうで割とあっさり。
なので「でも今週は一度も学校行ってないから明日は登校してね。なら今日は来なくていいよ」
と言ったらにっこり笑って
「そうする。今日はしんどいからいかない」
と欠席。

不登校だと成績の話をするわけでもなし、本人にはっぱをかけることもなし、学力の話もしないのでいなくてもいいの。
ていうか、私的には面談もそんなにいらない。学期に1回は多いよ。
進路の話もないし。

結局、私一人で行って、リクの成績を聞いて(といってもほとんど評価つきませんけど)夏休みがいつからか確認←親子で知らなかった(笑)そのあと少しリクの普段の様子の話をして終わりました。

進路に関しては全くなにも出来ないのでほとんど話もでない(笑)
自力で何とかしろってことだろうな~。

あとは支援クラスの「個別指導要領」を見せてもらいました。
印鑑忘れたので家で打った。

でも、リクの場合は療育手帳もないし発達検査は正常域というか数字だけなら上のほう。
一応主治医からの診断書で、発達障害(衝動性・多動)・広汎性発達障害とはなってるけど、他にはなにもない。

数字では表れてこないモノなので。
そこが難しいんですけどね。
唯一、手いじりというか、手を口に入れたりするクセが治らず、周りの目が気になるので、強く指導してもいいか?と聞かれました。
絶対にきつく指導しないでください。今は状態が悪化してるので直りませんから、じっくり長期戦でお願いしますと言っておきました。

学校には「今の週1回のペースをキープして安定した生活が送れるように2学期からも指導していきます」だそうで。
私はもう、登校にはこだわっていないので別にいいです(笑)

さて来週から夏休みに突入します。
不登校でも学校が休みなら、少しは気持ちが休まるかな?
休まるといいなぁ・・・
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村





この記事へのコメント