発達支援センターへ相談に行きました(8月)放課後ディに行く?

発達支援センターへリクを連れて相談に行きました。
毎月行くので、月を入れてあります。

今回は、夏休みの過ごし方。
といっても相変わらずの昼夜逆転・ネット漬けの毎日。
不健康だし、本人の自覚はないけど確実にイライラしています。
リク自身は、夜はやりたい放題にネットが出来て、昼も学校がないから起こされず、両親はきつく叱らず(叱ると関係が悪化するので様子見)いい夏休みだと思います。
でも満たされてないでしょうけど。

これも全部、ヒマだからなんですよね。
でも学校始まっても行くわけでもないし、おそらく週2日登校が限界でしょう。
話もしたいし、遊びたいし。
そういうことをやるべき時間が自由に使えてすべてネットにいってるんだから、そりゃ不健康だしいつまでたっても生活のリズムなんて出来ないです。

最近は徹夜とかも普通になってきてしまい・・・

支援員さんも困っていて結局。
居場所があったり、やることがあったり。そういうことを見つけて生活を立て直す。
ということにしようか?という話になりました。

最近はやり?というか増殖している「放課後児童ディ」を紹介されました。

小学校時代に何度も検討したけど、その当時は学校にきちんと行けていて学校に居場所もあり、それなりに生活出来ていたので。
大変な手続きをして、本人が行きたくないところに(家が大好き)いかせなくていいや、て思っていました。
そのころは学校に毎日行ってましたし家でも問題行動が少なかった。

今は、学校に居場所がないし家でもネットばかりで話す相手も私くらいしかおらず、時間を持て余している。
本来は、放課後ディは不登校はダメだそうで・・・
週2日通学している1学期の実績で、なんとか入れてもらって居場所をつくるのがいいのではないか?と言われました。
気の合う子や指導員さんに出会えれば、そこが居場所になっていい方向に向かうかも。
さらにディに通うことにより、生活を立て直せるかも。
と言われました。

リク自身が拒否すると前に進めないのですが最初はやっぱり「行かない!」と拒否。私が
「学校以外にたくさん話したり、遊んだり。そういうことが出来るところがあった方がいいんではないの?いやなら行かなければいいだけだし。見学に行ってみようか?」
と言ったら
「行ってみる。仮面ライダー好きな子がいるといいな」だそうで。
まあ、ヨコシマな理由でもいいですよ。

放課後ディは、療育手帳とか医者の要望書がいるのですが、手帳はもってないけど主治医はいるので。
頼めば一筆書いてくれるでしょう。

さて、どう転ぶかな?
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

この記事へのコメント