放課後ディに行かせて良かった

最近は順調に、週3日は学校に行っているリク。
順調といっても週3日だし、基本的に遅刻で下手すると早退までついてくる状態。
でもいいのです。

今までは週1日遅刻していくのがやっとだった。
それが自分から「起こして」と起こせば起きていくようになったのだから。
とりあえず進化したのです。

これも放課後ディに入所したおかげも大きくて。
ディに行く日は基本的に休まず登校して、そのままディに行くようになりました。
さらに「水曜日は人数がいっぱいだから無理だけど、それ以外の来る日でなくても日学校登校出来たらディに来てもいいよ」
と言われ、さらにやる気アップ。

これでコンスタントに登校できるようになってきて、さらに最近は
「学校も楽しくなってきた。いろんなことがわかるようになったから。」だそうで。
支援級だからということもありますが、登校することでほめてもらったりコミュニケーションもとれるようになり、授業もそれなりに参加して体育が楽しいとかわかってきたようです。

とりあえず学校に行くことに抵抗はなくなってきたようです。
まあ、体力や生活リズムの関係ですぐにすぐ、毎日登校とか無理ですが少しずつ登校する日も増えて、表情も明るくなってきました。

そして「楽しむだけで充分」と思っていた放課後ディですが・・
色々なことを体験することで、能力を伸ばしてくれる療育施設なので、リクも今までやったことのなかったこと・先入観で出来ないと思っていたことを体験して少しずつ自己肯定感もあがっているように見えます。

今まで「不器用だから怖い。苦手」と言っていた工具を使ってベンチを作ること。
やってみたら簡単だったそうで(もちろん施設の人の援助あり)また出来上がったものをほめてもらい、使ってもらえる喜びも感じたようです。

さらに家では
「不器用で怖いから、包丁は使えないから料理はしない」と言っていたのですが。
ディでプランター野菜を収穫して、それでお味噌汁を作るというのをやって、ピーラーで野菜の皮をむいて切って、鍋に入れるてところまでやったようで「思ったより簡単で楽しかった。また作りたい」とのことで。
いろんな体験ができて、楽しいこと・出来ることが増えていくのを喜んでいます。

家では絶対にしてくれなかった料理。
今なら教えられるかも。
と思って「リクの大好きなカレーは野菜とお肉切って、煮込むことができれば簡単にできるよ」と教えたら
「本当?」て食いついてきたので
「うん。あとはカレールー入れて煮込めば出来ちゃうよ。今度一緒に作ろうか?」と言ったら嬉しそうでした。

料理ができると生きていくことがちょっと楽になるので、是非覚えてほしい要素でした。掃除・洗濯はしなくても何とかなるが、食べないで生きてはいけないからね。
今度、一緒に料理してみようかな?

とりあえず少しずつですが、前を向いて歩き始めたようです。
そろそろ不登校、というより五月雨登校だな。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント