教育面談に行ってきました

学校の教育面談=三者面談に行ってきました。

最近のリクは、調子がよかったのにライブで夜遅くなって以来、また夜更かしの日々に戻ってしまい、学校行けないし放課後ディもどうでもいいし。
パットに10時間以上張り付いて、ゲームと動画の日々、を繰り返していました。
頑張りは2週間も続かなかった・・・。

もう、楽しいことはやらせたくないな。とはっきり思ってしまった。人生辛すぎる。

面談の日も登校予定でしたが、朝起きる・ご飯を食べる・2度寝。
になり、結局、面談の時に私が連れていくことになりました。

今回は2年生最後ということで、普通はちょっと進路の話とか出るはずなのです。
でも「学校へ来ないから授業を受けない。授業を受けないから勉強しない。勉強出来ないからテストも受けない」のループをしているリクなので、そんなことより。

不登校の原因。夜更かしとネット依存を直すのが先。
といわんばかりに、この話で終始しました。

そりゃ、学校にしてみれば来てくれないとどうしようもないよね~。

1つだけわかったのは、リクも夜寝ないのもネット依存も直したい、という気持ちはあるそうです。
それだけだけどね。

直したい気持ちはあるけど『努力したくない』人なので(笑)
夜更かし直したいけど、早く寝るのはツマラナイ。
ネット依存直したい、少しはほかのこともしたいけど。ほかに楽しいことがあればやめる=ネットより楽しいことなんてそんなにない(笑)

結局、リクの言い訳を聞くだけの中身のない面談でした。
学校の言いたいことも、よくわかっているし理解してます。
でも。

親が出来ることも学校が出来ることも。
すでに限界。というのが私の本音です。

少なくとも我が家はもう限界かなっと。

昨夜真剣に、元次官の自分の子供の殺人のニュースを聞いて、ケーちゃん(旦那)と
「同じことになったら、やっぱり同じことをするしかないよね」と。
結局、だれも人なんて救えなくて、子供ですら親は最終的にどうすることも出来ないんだ思うし。
自傷・他傷があって、スペクトラム障害の子がいるんだから、うちは大丈夫なんて言えないね。
という悲しい会話がありました。

まあ私の場合、力もないし体も小さいから、先に殺されて終わるだろうけど・・・。
ていったらケーちゃんに「本当に困ったら、とにかく助けを呼んで。そして逃げて」

こんなことを本気で語ってるんですから、もう末期だな。

結局、進路のことなんて何ひとつ、話すこともないまま終わってしまった面談でした。
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント