こども発達支援センターに電話しました

今週は調子が悪かったリク、1日も登校出来ないかも。それはそれでいいな。
とあきらめが入っていた母でしたが(メンタル低下中)最終日の金曜日は何とか登校しました。

前日から予告して通級指導があるよと餌を巻き、早く寝るように促して。
朝は起こして朝食出して、食べてるところを確認して出勤。
でも2度寝からの、電話コールで起こして登校。

母が参ってしまいますよ。手がかかりすぎです。仕事してたらもちません。

とりあえず登校したからよし。
通級指導も受けて、珍しく次の授業も受けて帰ってきたそうです。
電話が来ましたが、えらくご機嫌で「来週からは起きて午後でも登校だけでもしようかなぁ」とか言ってますよ。
・・それ数か月前にも言ってたから!そのあと一度も午後から登校なんてしてないから!
全く信用できない、されないです。

この不登校機嫌悪しの中、発達支援センターの担当さんに連絡しました。
要件は「リクのメンタルが悪すぎて対処出来ず、私も限界」だったのですが・・・
結果的に志望校の変更と決定の報告になってしまいました。

やっぱりね、どんなにしんどくてもいい話をしたいんだよね、親って。
あと話を聞いてくれる人がいるっていうのも大事で。
結果的に
「志望校は、公立は単位制全日制高校を私立は地元実業専修学校にする」という報告をしました。

公立のほうはずっと志望校で上がっていたんだけど。
私立のほうが、見学に行ってとても気に入って。雰囲気がすごくよかった。
家からも近いし、中学校からのおすすめ度も高く。

リク自身が「私立の志望校はここでいい。公立も受けるかもしれないけどここ1校でもいいくらい」ていうほど気にいったところ。
学力的にも不登校にも対応しているので、進学は大丈夫そうだし面倒見もよさそう。

そんなわけで学校見学も、もう新規では行かないことにして、この2校に絞りました。
その報告です。

発達支援センターの担当Fさんは「進路のことでこれ以上悩まず、自分の意志できちんと決められたこと。よかったと思います。」と喜んで褒めてくれました。
なかなか決断できない子ですからね。
本人も決まってほっとしたようで、少し安定してきましたし。

でもさ。
毎日こうしてリクに振り回され、仕事もしんどくままならなくなってきた(数字に弱くなってきてしまった、メンタル!)母は誰が助けてくれるんですかね?
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント