こども発達支援センターに行きました。進路の話。2020.9

本来ならこども発達支援センターは4月で、定期面談は終了。の予定だったのですが・・。
おりしも新型コロナの影響で長期休校となり、学校にも発達支援センターにも行けなくなり。

やっと休校があけたと思ったら、今度は不登校がさらに悪化して、ほぼ行けなくなり。
学校での面談がかなわなくなった支援センター担当のFさん。
そんなわけで久々に面談しに行きました。

リクは、普通に「仮面ライダーとウルトラマンの話をしないと」て言ってたけど。
まあ楽しみなことがあるのはいいことだし、信用できる大人の話し相手がいるっていうのは精神の安定につながるのでね。

行ってみたら。
女性の相談員さんが新しい方になり。前の方定年退職でした。
でも話は伝わっていたので問題なし。

もう深刻そうに語っておきました。
深刻さが伝わっても別に何もできなんだけどね~。うちの場合。

少し進路の話になった時、リクが
「今は、第一志望は〇実校で第二希望が〇△高校です」
とはっきり明言しました。
母、聞いてないけど!!

〇実校は先月、学校説明会に参加したところ。
近くて支援級・不登校共に理解があり、学びなおしも出来るということで軽い気持ちで見学にいったら、とっても気に入ったところです。
〇△高は以前学祭を観に行った、公立単位制高校。ここはずっと気に入っていたところです。

〇△高校は入試説明会がまだまだ先なので(秋入学があるため)参加してから最終的にどちらを第一志望にするか決めようって言ってました。
高校のほうは公立なので、こっちが第一だったら滑り止めで〇実も受験ですけどね。

〇実のほうが近いし少人数だし、リクには合っているのかもしれませんが。
いかんせん実業学校なので、専門学科がありそれが心配。

〇△高校は、高校だから授業は平均だし普通の学校生活を満喫できるでしょうが、不登校・支援級にはそこまで手厚くない。
公立高校だから県統一の受験をしないといけない。

どっちにもいろいろありますが、母としては自分で選んで自分で受けるならどちらでも。です。

どうせ親の言うことなんてきかないさ!自分が決めたらリスクがあろうが関係ないし。

決定は冬です。
多分〇実のほうになる気がしてますが・・・

でも、これをはっきり明言したリクはすっきりと、はればれとした表情をしていました。
進路の話は憂鬱で気が重い。決められない。
て言ってましたからね。
結局、自分の気持ちが動いて自分で決められたことで精神的負担は減ったようです。

あとは。面談と勉強頑張って。というか、試験受けられるように朝起きて(笑)
それだけです。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント