親ココロ〜腹壁破裂で産まれたADHD息子

アクセスカウンタ

zoom RSS ことばの教室

<<   作成日時 : 2011/05/10 10:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

またずいぶん間があいてしまった・・・
色々報告することもあるのですが、またゆっくりまとめて報告したいと思います。

昨日、リクのはじめての「ことばの教室」に行きました。
5歳になってもずっと、「さしすせそ」が「たちつてと」になり、発音できていなかったリク。
保育園で指摘されて、ことばの教室の面接にいき、春から通学することが決まっていました。

でも・・・
最近リクの言葉に変化が現れました。
4月に入ってから、さしすせそがなんとなく言えているような・・・
「せんせい」「すいか」とか言えてる感じがしたので、リクに「さしすせそ」を言わせてみました。
すると。
ゆっくりならば、「さ・し・す・せ・そ」てちゃんと発音できてました!!

これならことばの教室必要ないかも。
という淡い期待をもってことばの教室に行きました。

ことばの教室には、習う教室以外に遊んで待てるスペースがあり、これがものすごく楽しそうなおもちゃがいっぱい!
トランポリンや大きなバランスボール・ボールダーツや滑り台。
三輪車や車。ミニカーやプラレール。なんでもそろっている感じ。

リクもここがすごく気に入っていて、ことばの教室に通うのを楽しみにしていたくらいです。
遊んで待っていたら呼ばれて、最初はリクだけお教室で練習。

通常50分やるはずなのに、私が呼ばれたときはまだ30分も経っていませんでした。
教室の中に入るとリクは「遊んで待ってていいって」と言って、遊びに行ってしまいました。
私に向かって先生はニコニコ笑って・・・

「今、もう一度発音の検査をしたのですが・・・。リク君、すべての言葉、きちんと発音できるようになってました。さしすせそ。もゆっくりしゃべればきちんと発音できます。お教室に通う必要はないですよ。」
といわれました。
やはり発音できるようになっていたそうです。

「おしゃべりが好きなリク君なので、上達したのだと思います。年齢ももうすぐ6歳。成長が追いついたんですね」と言ってもらえて教室に通う必要はなしということでした。

ただ「とても早口なので、そがとになってしまうことも多いです。ゆっくりしゃべることを心がけさせるように、呼びかけてあげてください」とだけ指導され、それで終了。

結局教室に通うことはなしになりました。

しらないうちに出来るようになっていた発音。
正直、もう自然に発音できるようになるのは無理だと私は思っていました。
でも気付いたら出来るようになっていて、子供の成長って著しいということを改めて感じました。
子供の力をもっと信じていてあげなければいけないですね。

でも、出来るようになってよかった。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ことばの教室 親ココロ〜腹壁破裂で産まれたADHD息子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる