親ココロ〜腹壁破裂で産まれたADHD息子

アクセスカウンタ

zoom RSS 融通は利きません

<<   作成日時 : 2018/04/16 12:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中学生になって、1週間ほど。
思ったより順調に中学校生活を送れているようで、とても安心しています。
このまま大きなことを起こさずに、うまーく生活していてほしいです。

先日、車に乗っていたとき何気なくリクがいったこと。
「小学校はほんとに辛くて学校に行きたくなかった。嫌われていたし。今は仲の良い子も出来て少しは気になることがあるけど、楽しいよ。」
心からよかったな、と思いました。
同時にどんな思いで小学校生活を送っていたかとおもうと、わかってはいたけど切なかったです。
ただ、本当によく頑張った小学校だったということ。
中学校では楽しめるといいね。

リクは基本的に考え方に柔軟性がないので、融通がまったく利きません。
決めたことは絶対で、変わりません。
ADHDなのでね。変化もニガテだし新しいこともニガテ。
多角的に見ることがまったくできないのでこうなります。シングルフォーカスなの。

今回は、部活のこととテストのこと。

部活は。
別に吹奏楽部でもいいんです。
ただ、楽器は「絶対にユーフォがいい!」ていうのはやめようよ・・。
吹奏楽部って希望の楽器になれないことも多いので。先生が一方的に決めることもあるし。
それ以前に「吹奏楽部以外に興味なし」てところもシングルフォーカスなんですが・・・

あと。
塾のテストの志望校。
かたくなに「私立の付属高校」の自分の志望校しか書かない。
でも。
中学一年生の最初なんだから、みんな「地元公立高校」を書くことが多い。行ける行けないは別でね。

志望してるのはいいのだけど、志望校にしてるのが2500人中6人とかだから、指標にならない。
なので「地元の○○高校(レベル上の下の公立高校)て志望校書いてね」と言って、模擬テストに送り出しました。
でも。
テスト結果の紙の志望校は○○付属高校
やっぱり思ったことや自分が希望してることは曲げられないし、融通も利かないようです。

少しずつ柔軟性を身に着けて、色々な選択肢を選べるようになるといいね。
って。
ADHDまたはスペクトラム障害の子供はこれが一番難しいらしいけど。
うん・・切ない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
融通は利きません 親ココロ〜腹壁破裂で産まれたADHD息子/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる